日本に不況の嵐が吹き荒れた。企業はコスト削減に躍起になっている。そこで、政府が打ち出した政策が海外移住の奨励である。かつて、ブラジルやペルーなどに楽園を求めて移住させた政策が再び始まろうとしていた。政府は、年齢層の高い人たちに対して手当を払いたくない、生活保護も出したくない、だからと言って自国で飢え死にされたら大変である。そこで、生活コストが安いアジアに目を付けたのである。ベトナム、フィリピン、タイなどは比較的治安が良く低コストで生活できる。しかも、日本企業も進出しており、企業にとっても日本の非正規やアルバイトより低コストで使える人材はのどが出るくらい美味しい人材である。そこで、ハローワークが海外での職の仲介を始めた。海外での経験ができます。暮らしには困りません。仕事は簡単です。日本語さえ話せれば学歴、年齢は一切問いません。美辞麗句が並べられていた。そうやって海外への移住を奨励、斡旋した。もちろん、行ってしまえば終わりである。そこでの賃金は、到底日本へ帰って暮らせるほどではないし、年金も何もない。片道切符なのである。その数は年々増加の一途をたどる。日本は高齢化にはもはや対応できないほどに少子高齢化が進み、外国人による低賃金の労働力が好まれ、高齢の日本人はお荷物となった。そこで、移住政策により働けない日本人の移住政策が始まった。アジア諸国では、日本人の増加により日本人のコミュニティが出来上がりつつあった。しかし、かつてのブラジル移民ほど与えられた土地はなく、働く先は海外の邦人企業ばかりで、待遇は現地人並みである。安月給でただひたすら人足として働かされる。そこには人権も温情のかけらもない。現地社員は高給取りで高慢な態度でこき使う。嫌ならいつでもクビにできる。弱みに付け込み日本的就労を押し付けてくる。逃げ場がない。辞めて別の会社で働いても待遇は似たり寄ったりである。日本人が増えるにしたがって、競争も激しくなり、軋轢が生まれる。そうやって、現地で命を落とす日本人が増加していった。ニュースで取り上げられることもなく、日本で報道されることもなく、誰にも知られずに過酷な環境に晒される日本人の実態が知られるのは、日系何世と呼ばれる子孫が誕生する何十年も後のことである。その頃には、もう移住させる日本人もいなくなり、移民政策はとっくに終わっている。日本と言う国はそういう残酷な国なのである。
*これは、歴史に基づいたフィクションであるが、あながちあり得ない話でもない。さあ、あなたはどの国を選びますか。今ならまだ空きは一杯ありますよ。なくなったら、どこかの島へ行く羽目になるかもしれませんよ。ハローワークでそう囁かれる日が来るかもしれない。

[PR]
# by katze210 | 2017-11-18 18:58 | フィクション | Comments(0)

経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体は17日、待機児童対策や幼児教育の無償化など政府が来月に策定する2兆円規模の政策パッケージに関し、安倍晋三首相が要請していた3千億円分の拠出を受け入れる方針を表明した。自民党の「人生100年時代戦略本部」(本部長・岸田文雄政調会長)の会合で明らかにした。 経団連と日本経済同友会は、待機児童の解消施策などへの充当や保育士の待遇改善を条件に受け入れ方針を示した。日本商工会議所は、負担が重い中小企業への配慮を要請した上で容認する姿勢を示した。 経済界への拠出要請を批判していた同本部事務局長の小泉進次郎筆頭副幹事長は会合後、「社会全体の中で企業の負担や役割がどうあるべきかは、引き続き宿題として残る」と記者団に語った。

自らの政策において経済界に資金提供が許されてしまうとなれば、一体、国会の通常国会の予算は何なのか。憲法違反に当たらないのか。憲法83条 国の財政を処理する権限は、国会の議決に基づいて、これを行使しなければならない。86条 内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決しなければならない。

明らかに寄付行為は、越権行為であり、憲法違反である。





[PR]
# by katze210 | 2017-11-18 16:45 | 時事 | Comments(0)

何故か選挙で安倍政権が圧勝してしまい、トランプからは北朝鮮をエサに武器を売りつけられる始末。そして、国連から再三に渡って指摘されていた人権問題について、業を煮やした国連が是正勧告を迫ってきた。もちろん、欧米諸国も含まれる。謂わば、日本包囲網が形成されつつある。日本は国際的に孤立しつつある。これは安倍政権が進める軍事化に対する警鐘でもあり、過去の惨劇を繰り返させないためのものであろう。今や、日本は第2の北朝鮮である。これで軍事化を進めれば、制裁措置が発令されるだろう。ASEAN諸国も中国の融和策で合意しており、中国、韓国を中心に日本の孤立化が進むことになる。これが、これまでの安倍政権外交の結果である。日本民族は、他と比べて決して能力が高くない。技術力も大したことはない。小国で資源もない。戦争したって勝ち目はない。それよりも人権意識が最低レベルである。過労死、ブラック企業などでは済まされない。日本人は自覚しなければならない。


[PR]
# by katze210 | 2017-11-17 09:25 | 時事 | Comments(0)

メガバンクがついに金融緩和に音を上げた。東芝、シャープ、トヨタ、日産、スバル、タカタ、神戸製鋼などの問題により、メガバンクは相当の債務を背負うこととなり、マイナス金利にもう耐えきれなくなった。店舗の閉鎖、リストラが加速することは間違いない。メガバンクの銀行員と言えば、社会的には超エリートになる。メガバンクの銀行員がリストラされるとは、地銀なんか倒産してもおかしくないかもしれない。護送船団方式が裏目に出たということか。さて、今、日銀が金融緩和を引き締めに回れば、投資マネーは引き上げられ、株価は暴落するだろう。そうすると、企業業績が悪化し、銀行の債務も増加する。異次元緩和に無理が来た。さて、ソフトランディングはあり得るのか。

[PR]
# by katze210 | 2017-11-16 22:34 | 時事 | Comments(0)

小池🐼のために何人の人が泣いたことか。政治塾に参加して講習料という名目で資金を集め、活動資金にしていた。そして、都議選、衆議院選とも落ちた人は、自腹で選挙戦を戦い、結果敗北。1000万円~1500万円/人ていど支払いが生じ、1円たりとも戻って来ない。これが、現実である。まあ、一言でいえば群がった本人が悪いと言うことになろう。張本人はのうのうと知事職を続け、高給を得ている。維新も維新政治塾で資金を集めたらしい。やはり、今の選挙は政党に属し政党交付金をもらっていない人には相当負担が大きい。これに懲りて小池🐼の関係する、都民ファースト、希望の党にはかかわらない方が身のためである。希望の党は、政党交付金が来年になれば支給されるが、民進党の参議院、支持母体である連合がどう動くかで今後の運命が決まる。今は連合は民進党を応援するらしいが、希望の党の内実が明らかになってくれば、連合の求心力が落ちている昨今、どうなるかは分からない。お金が有り余るほどあって、政治家になりたい人は何処かの支持母体から選挙に出れば良いが、庶民は政治家になることを夢見てはいけない。庶民は庶民のやり方で政治と向き合えばよいのである。
都民なら、都知事をリコールすることだって可能である。骨の折れる仕事ではあるが。しかし、都議会で自公が復活し、都民ファーストは、自然消滅し、都知事は窮地に追い込まれることになろうから、骨の折れることはやめておいた方が良いだろう。

[PR]
# by katze210 | 2017-11-16 17:12 | 時事 | Comments(0)

自分の「好き勝手に書くブログ