NHKに国家予算つぎこむ必要があるのか

NHKの女性記者の過労死が、世界各国のニュースメディアに大きく報じられた。米国でも大手の新聞やテレビが詳しく報道した。日本の企業や組織が個人の健康や生活を軽視する風潮を、一種の日本独特の「文化」として描く報道が多いようである。大多数の報道が、電通の女性社員の過労自殺と合わせる形で日本論を展開していた。 しかし、この国際報道の高まりのなかで、当事者のNHKは、電通の事件を詳しく報じながら自組織の女性記者の悲劇をあまり丁寧には伝えようとしない。米国の大手メディアがNHKを批判

総務大臣は選挙で不在だが、総務省のお役人さんよ、NHKそろそろ解体したらどうなの。国家予算つぎ込む価値ないでしょう。自助努力で何でもできるでしょう。アメリカには国営放送なんてないよ。

英国BBCだって、年間視聴料500円程度で、テレビ買った時点で払わされるよ。しかも1年ごとの更新で無理やり徴収されることはない。しかも、ドキュメンタリがメインでくだらない放送は作らない。語学番組なんか流してその教材売って金儲け何てしていない。英国人は厳しいから、日本人みたいに黙ってないよ。時代に合わないことぐらい誰にでもわかるでしょう。郵政だって民営化したんだから、NHKだって民営化できるでしょう。株式発行すればいいだけじゃない。公正・中立な放送ができない。今でも政権よりの偏った放送しか流さないじゃない。誰も見ていない国会中継、誰も見ていない紅白歌合戦、誰も見ていないのど自慢大会、誰も見ていない連続ドラマ等々。高給取りのアナウンサーがみんなフリーになるのは体質の問題でしょう。スポンサー付けて自由に放送すればいいじゃない。良いか悪いかは視聴者に判断させてよ。そうか、オンデマンドで見た分だけの料金体系にするとか、スカパーみたいに。みんな企業努力してるんでしょう。甘い汁ばかり吸ってるからこんなこといなるんでしょう。忖度ばかりしてるから。前の品のない会長、国会で証人喚問して問い詰めてよ。金の亡者。


[PR]
by katze210 | 2017-10-11 17:04 | 時事

自分の「好き勝手に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31