イエロー・モンキー対ジャイアント・パンダ

日本人はかつてアメリカ人からイエロー・モンキーと言われた。これは猿真似という隠語で猿のようなずる賢い黄色人種という意味である。アメリカ人は差別するときに必ず肌の色を使う。白豪主義は今に始まったことではない。アメリカ人は日本人が思っているほど日本人に友好的ではない。しかし中国はイエロー・モンキーとは言われないのは何故か。これには中国人がアメリカ経済にとって重要な地位を占めているからである。中国は国策として公費留学生をアメリカに送っている。そして彼らはコンピュ-タ関連の会社で質の高い労働力となっている。そのため、アメリカは中国に一目置いている。パンダは、ジャイアント・パンダであり、イエローモンキーとは違う。アメリカは日本に友好的なようで実のところはまったく違うのである。彼らからしてみればチビの黄色人種ぐらいにしか思っていないのである。イエローモンキーと呼ばれないためにはアメリカ国内に根付かないといけない。日本でいくら努力しても逆に反感を買うぐらいである。ジャイアント・パンダはしたたkで、日本にもすでに触手を伸ばし始めている。今は安い労働力として使って喜んでいるが、実は徐々に手放せない地位を確立しつつある。要するに企業のトップや重要な地位に中国人が付き始めている。するともはや日本人は安い労働者として使われるという逆転現象が生じる。高い買い物をし、税金を納めてくれるから政府も何も言えなくなる。イエローモンキーがジャイアントパンダにひれ伏す日が来る。145.png
[PR]
by katze210 | 2017-10-15 17:30 | たわごと

自分の「好き勝手に書くブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31