政治塾と言う名の政党資金集め

小池🐼のために何人の人が泣いたことか。政治塾に参加して講習料という名目で資金を集め、活動資金にしていた。そして、都議選、衆議院選とも落ちた人は、自腹で選挙戦を戦い、結果敗北。1000万円~1500万円/人ていど支払いが生じ、1円たりとも戻って来ない。これが、現実である。まあ、一言でいえば群がった本人が悪いと言うことになろう。張本人はのうのうと知事職を続け、高給を得ている。維新も維新政治塾で資金を集めたらしい。やはり、今の選挙は政党に属し政党交付金をもらっていない人には相当負担が大きい。これに懲りて小池🐼の関係する、都民ファースト、希望の党にはかかわらない方が身のためである。希望の党は、政党交付金が来年になれば支給されるが、民進党の参議院、支持母体である連合がどう動くかで今後の運命が決まる。今は連合は民進党を応援するらしいが、希望の党の内実が明らかになってくれば、連合の求心力が落ちている昨今、どうなるかは分からない。お金が有り余るほどあって、政治家になりたい人は何処かの支持母体から選挙に出れば良いが、庶民は政治家になることを夢見てはいけない。庶民は庶民のやり方で政治と向き合えばよいのである。
都民なら、都知事をリコールすることだって可能である。骨の折れる仕事ではあるが。しかし、都議会で自公が復活し、都民ファーストは、自然消滅し、都知事は窮地に追い込まれることになろうから、骨の折れることはやめておいた方が良いだろう。

[PR]
by katze210 | 2017-11-16 17:12 | 時事

自分の「好き勝手に書くブログ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31