SNSネット監視社会の襲来

ネット監視会社たるものが存在するのを初めて知った。どうやら、twitterもfacebookもロックがかかったり、投稿が削除されたりしている。AIなどを活用して予め登録された辞書を利用したり、人員を配置したりして監視を強めているらしい。そこにはAI技術の進歩という名で政府から資金が出ており、政権に批判的な投稿は削除されたり、アカウントをロックされたりしているらしい。このブログもその対象に入っているのだろ。
名目上は、子供のいじ対策、社会秩序を乱す行為の取り締まりらしいが、間違いなく政治的圧力の下にネットが監視されていることは確かだろう。
すでにブラックリストに乗っているかもしれない。
お金がもらえるから、そちらに企業は有利に働くことは仕方がない。しかし、これを検閲と呼ばずして何と呼ぶのか。憲法に検閲は禁止されている。
ただ、検閲は国家権力に対して禁止しているのであって、民間企業に対して明確に禁止していない。それを上手く利用すれば簡単に検閲が可能となる。法の抜け穴を利用した行為であるが許される行為とは思えない。
twitterもfacebookも営利を追求する企業であるから仕方がないにしてもこれじゃあ、利用者がどんどん減っていくことになる。
さようならSNSよ。

[PR]
by katze210 | 2018-01-29 00:04 | たわごと

自分の「好き勝手に書くブログ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30